着物買取したい人必見!高価買取り実績ありの着物買取ランキング

着物の高価買取実績がある着物買取専門業者をランキング形式で掲載しています!

© 着物買取したい人必見!高価買取り実績ありの着物買取ランキング All rights reserved.

201612/29

美しく見える着物を着たときの歩き方

着物を付けていると、なんだか歩きにくく、歩いていると着物が乱れてしまうようなことがあったりしますから、どうも着慣れないものは嫌だというようなことが多いと思います。

そんなときに着物が乱れにくく歩きやすいような方法があると大変うれしいのではないかと思います。

そこで、今回は着物を着ているときの上手な歩き方というのを紹介します。

  1. 着物の大きさに合わせ、歩幅を小さくする
  2. 着物を着ているときには基本的に歩幅は小さく歩くことが基本です。大股で歩いてしまいますとすその乱れが大きくなりますので、歩幅を小さくなるべき内股で体がぶれないようにすれば、着物の乱れを防ぐことができます。

  3. 手の振り方や位置に気を配る
  4. 着物の際には手を振らない方が服の裾が乱れるようなケースが少なくなります。手はなるべく小さく振る程度に心掛け、大きな動きをしないことが重要です。

    また、右手で上前を(右の太ももの脇付近)をさりげなく抑えながら歩くと、歩く姿に奥ゆかしさが出ますのと同時に、服がずれるようなことを防ぐことが可能ですので、歩く姿を良くするのと同時に着物買取の乱れをなくします。

  5. 歩きやすくするための裾割り
  6. 最後に着付けの後に歩きやすさとすそ乱れを少なくするために、裾割という方法があります。

    方法は足を肩幅ほどに開き、裾を左右に開くよう膝を軽く曲げるようにするとでき、服の中に空間ができますので歩きやすくなるのです。 ただし、やる際にはあまりいい恰好ではありませんので、人がいないところでできる限りやりましょう。

関連記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

着物は古き良き日本の心である

着物は日本の宝であり文化です。世界からも注目されていて、最も美しい民族衣装とも言われています。着物の中にも色々な種類がありますが、その中の1…

今なら着物に手が届く

50代女性です。着物買取は七五三の時にしか着たことがありません。成人式にも着ていません。理由は180㎝近い身長のためです。 私の成人式…

ページ上部へ戻る